あの日の舞台を歩く ~新選組・池田屋事件 祇園祭編~
元治元年六月五日・・・祇園祭の宵宮で賑わう京都・三条小橋近くの宿でその事件は起きました…

会津藩お預かりの名もなき浪士組を、「新選組」として一躍歴史の舞台へと引き上げた「池田屋事件」

そしてそれは長州藩をはじめとする尊王攘夷派にとっては大きな痛手を被っただけでなく、翌月の「禁門の変」へとつながる大きな事件ともなったのです。

あの日の夕五ツ時に隊士一同が集合した祇園石段下の町会所を出発して、遠くに祇園囃子聞きながら近藤勇がどの辻を曲がり、土方歳三がどの路地を急いだのか…古地図を頼りに、あの日の新選組隊士になったつもりでご一緒に歴史の現場「池田屋」へと向かいましょう!

当日は八坂神社石段下の祇園会所をスタート。事件のきっかけとなった四条西木屋町・古高俊太郎邸を訪ね、木屋町通を北上。土佐藩邸跡や彦根藩邸跡を横目に一路池田屋へ。ここで事件は起きました。この池田屋跡で事件を振り返りましょう。また、近隣ゆかりの対馬藩邸跡、長州藩邸跡を巡り、当日の事件の総括を行います。

あの日、あの時、彼らは何を考え、何をしたのか。

そしてそれは幕末史にどのような影響を与えたのか。

今年は戊辰戦争終結150年となる節目の年でもあります。そんな年に幕末史の舞台を一緒に巡りませんか?そしてそれはあの日あの時と同じ祇園祭の夜なのです。そんな最高の舞台はないでしょう。

池田屋界隈を巡った後は三条通を西に、宵宮にほのあかる祇園祭の舞台へご案内いたします。祇園囃子に耳を傾ければ、あの日あの時の光景が蘇ってくるかもしれません…

あの日の舞台は、そう、今もそこに確実にあるのです…


※当日は池田屋から三条通を山鉾町付近(三条室町付近)までゆかりの話を交えてご案内いたします。そこからは自由行動となります。祇園祭の地図をお渡しいたしますので、後祭のゆったりとした雰囲気をご自由にお楽しみ下さい。

開催日時
7月15日(月祝)17時30分~
※雨天決行、荒天の場合は中止します。時間等詳細は後日更新致します
集合
八坂神社
参加費用
3,000円(税込、資料代を含む)学生は1,000円、高校生以下は5,00円
※当日集合時にお支払いください。お釣りのないようお願いします。
※小学生以下は、保護者同伴に限り参加費用不要です
コース
八坂神社ー祇園会所跡ー井筒茶屋跡ー四条大橋ー四条木屋町ー枡屋跡(古高俊太郎邸跡)ー本間精一郎遭難の地ー土佐藩邸跡ー彦根藩邸跡ー三条大橋ー四国屋跡ー対馬藩邸跡ー加賀藩邸跡ー長州藩邸跡ー池田屋跡ー三条商店街ー烏丸三条ー室町三条
ツアーガイド
星 順也(ほし じゅんや)
京都市生まれ。交通文化社代表、京都まほろばツアーズ副代表。文学修士(交通史専攻)、博物館学芸員資格。
鉄道関連の蔵書は2万冊以上を誇る鉄道および鉄道史のエキスパート。壬生・西院はゆりかごから現在まで過ごした勝手知ったるいわば主戦場。古地図を駆使して京都の街を紐解く日々。また東西南北全国を旅し続けた旅と鉄道、まち歩きと食べ歩きの大家にして権威。着地型観光はおまかせ。高校社会科教員も十数年つとめた豊富な経験と膨大な知識を活かした緻密かつ壮大そしてパワフル、ユニークでオリジナリティあふれるガイドを展開、あなたを京都・鉄道史の世界へ誘います。

村上 トシアキ(むらかみ としあき)  千葉県市原市生まれ。京都市在住。京都まほろばツアーズ代表・旅行業務取扱管理者。文学学士(比較歴史専攻)政策科学修士(交通史・都市史・都市交通専攻)、博物館学芸員資格、歴史検定日本史1級、中学社会科、高等学校地理歴史科・公民科教員免許、図書館教諭免許所有。趣味はまち歩き、鉄道旅、史跡探訪、地図観賞、酒場巡り、J2観戦、交通全般、墓参り、ロック観賞、ギター。京都の街を隅から隅まで歩き続けて◯十年。ロージの奥に潜むストーリーを日々求める毎日。北は宗谷岬から南は波照間島までを鉄道や船、バスといった公共交通と歩きで制覇、同時に稚内から波照間まで全国の酒場、麺屋を訪ねた過去を持つ。壮大かつ詳細な経験をもとにユーモアあふれるトークを駆使して歴史・まち・祭事・食・酒・交通に関するツアーであなたをその世界に導きます。
お申込み
こちらのフォームより前日までにお申し込みください